〜秋田県仙北産のあきたこまち 産地直送で新米をお届けします〜
こだわりの有機米・減農薬米|あきたこまち.com
 
HOME 6つのこだわり ご注文はこちら 放射性の影響 よくある質問 お問い合わせ

写真で見る米作り(2011年4月 準備〜種まき、苗植)

 

2011年4月 準備〜種まき

まず種まきの前に、塩水選とよばれる、よい種を選ぶ手法をとっています。
種子を一定濃度の食塩水に入れ、浮いたものは取り除き、沈んだものを種子として使います。
これによって、比重の大きい種を選ぶことができます。

塩水選が終わると、種まきになります。奥の黒い箱が育苗箱と呼ばれる箱です。
この育苗箱に、土・種・土の順番でバランスよく種をまきます。人手が必要です。
この種まきは2011年4月27日に行いました。

種をまいたら、育苗箱をハウス内に敷き詰めます。
まだ秋田は寒いので、ハウス内で温めないと稲が生長しにくい環境です。
この土に水をやりながら、稲の生長を待ちます。1ヶ月前後で苗を植えるまでに生長します。

 

2011.5月 ハウス内での生長

2011年5月25日の写真です。
水をやり、ハウス内で育った種は、なんと!1ヶ月でここまで生長します。
このころから田んぼに苗を植えて行きます。

苗の高さは、この時点で約12〜15cmです。
育苗箱から取り出すと、根っこが箱にそってびっしりと張っています。
この根っこがこれだけ絡んでいると、元気で良い苗となります。

左写真は、奥羽山脈です。美郷町の私の地域は、真昼川から流れる水で栽培しています。
美味しい米は、土と水に限ります。

あきたこまちの写真はこちらから

2011年4月〜5月 準備〜種まき

2011年5月〜9月 田植え〜稲の生長過程
2011年9月〜10月 稲刈り〜袋詰め
その他写真

 


はじめてのあなたへ
こだわりのあきたこまち、ご注文はこちらあきたこまちの写真

準備〜種まき・苗の生長
苗植え〜稲の生長過程
稲刈り〜袋詰め
その他米・シイタケ菌床
種まき・稲刈りの動画

お役立ちリンク
あきたこまち wiki
あきたこまちの情報

H O M E | 6つのこだわり | ご注文はこちら | 放射性の影響よくある質問お問い合わせ

会社概要
リンク

Copyright (C) 2011 -akita-komati.com - All Rights Reserved.
浪花農産 〒019-1501 秋田県仙北郡美郷町浪花字大道279 TEL:090-6682-1137 FAX 0187-85-3151